2006年10月08日

もとの木阿弥

061008.jpg

げげっ!やばいっっ!!

この『EXPOエコマネーセンター日記』を熱心に読んでくださっている、お客様ならご存知かとも思いますが、ぼくは「ダイエット」をしています・・・・。

・・・・が、しかし忙しさの所為にするつもりもございませんが、最近「ダイエット」をサボり気味です。
こころなしか、緩くなったベルトもまた再びキツくなり始めたような・・・・・。

           こりゃイカン
                   折角ここまで
                            痩せた(?)のに

                        ここでやめたら
                                 もとの木阿弥(もくあみ)

折角、ここまで頑張って「ダイエット」してきたのに、こんな中途半端な形で止めてしまっては、またすぐにもとに戻ってしまうという焦りと危機感を込めた、短歌です・・・・・。

戦国時代に筒井順昭という不治の病で若くして亡くなった武将が、自分の息子は幼いためこれに乗じて敵対する国が攻めこんでくるのを危惧して、遺言で木阿弥という自分に背格好や声の似ている、盲目で貧乏な僧侶を影武者に立てさせた。

木阿弥はその間、お城で贅沢な生活を楽しんだが、やがて筒井家は体勢を立て直して順昭の死を公表。用済みになった木阿弥はもとの生活に戻りました・・・・・という故事から『もとの木阿弥』という言葉が生まれたんです。(おっ!「なかやま」たまにはためになるこというね〜)

おっとっと、話がそれてしまいましたね。

ぼくの「ダイエット」もそうですけど『EXPOエコマネー』も折角、ここまで頑張ったんだから、ここで終わりなんてこと言わずに、この先もずーーっと、ずーーっと、続けていけるように頑張ります!!
[もとのなかやま]


posted by エコマネーセンター at 18:03| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。