2006年10月11日

地球の神秘に想いをはせて

061011.jpg

朝一番、みんなで笑いました・・今日のボランティアさんは、‘やましたさん’と‘やまもとさん’、みなさんおなじみのスタッフの‘なかやまさん’そして、‘やまなか’と・・・「山」つながりで。

そして、ここアスナル金‘山’では、今日から14日まで『エクアドル・アンデスフェスタ2006』がはじまりました。音楽・舞踏・食文化と多彩なメニューで紹介されるようです。

アンデスという響きだけで、古代の文明に想いを馳せ、フォルクローレ、ラテンの調べに心震わされるのはなぜでしょうか?そこには、天空近くに住み、自然を敬って生きる人々がいるからなのでしょうか?

さきほどから、万博会場でも人気の高かった「SISAY」というグループが、雨の中集まった大勢のお客さんに、すばらしいフォルクローレ、ラテンを聞かせてくれています。
EEMセンターにも、そのすてきな演奏が響き、元気をいただいています。

今のわたしたちは、たくさんの地球上の神秘に感動させてもらっています。この宝を壊してしまう世代にはなってはいけないと、エクアドルの人たちの音楽を聴きながら改めて思いました。

みなさんも、アスナルでの「アンデスのお祭り」にお越しになりましたら、きっと大地の響きを体験されることでしょう!そのあとは、是非、「EXPOエコマネーセンター」へお立ち寄りください。
スタッフ一同で、お待ちしています。
[やまなか]


posted by エコマネーセンター at 18:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。