2006年12月06日

リサイクルガラス食器  e-glass

061206.jpg

今日は、昨日までの寒さに比べ、風も無く、お日さまの暖かさが とっても嬉しい一日でした。
ご来館いただいたお客様も、背筋が伸びて、足取りも軽やかだったようにお見受けしました。


さて、今日は、交換商品 リサイクルガラス食器 「−glass」についてご紹介いたします。

−]って何だかわかりますか?

    cology,lectric,lights.        arth,at,ntertain
    環境を考えて、蛍光管を再生しました。 地球に優しく、食事を楽しく、おもてなし

    veryday,ver,etc....        legant,nergy,enjoy.
    毎日使いたい、いつまでも...      素敵で、元気に、愉快に.                                                                                                          

こんなに深い意味があったんですね。


この商品は、廃棄された蛍光管を完全無害化、そのリサイクル処理された再生ガラスで作られたエコマネー商品です。
リサイクルガラス特有の薄い緑色で、小さな気泡をあえて取り除かず、温かみのある風合いになっています。


写真左から、オールド(300P)・サラダボール(400P)・タンブラー(300P)です。

環境問題の取り組みとともに、再生ガラスを伝統工芸と結び合わせ、素材の味わいを引き出した製品に新しい時代の流れを見ます。

[やすだ]


posted by エコマネーセンター at 19:14| 商品紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。