2007年01月07日

七草の祝い

070107.jpg

予報どおり、雪の降る寒〜い、寒〜い一日になりましたが、今日、1月7日は“七草粥”を食べて、一年の健康を願う日です。

この日に、春の七草を入れたお粥を食する習わしは、平安時代に始まり、江戸時代には庶民に
定着したといわれる、五穀豊穣を神に感謝し、新年を無事迎えられた慶びを込めた、由緒ただしい
行事です。

古からの習わしは、人々が、自然と共生しながら、自然に畏敬の念を抱き、暮らしていた様子を、現代のわたしたちに教えてくれています。

“七草粥”は、また、お正月料理で疲れた胃をやさしく休めてくれるといいます。
私も、今朝、いつもより早めに起きて、“七草粥”を作ってみました。そして、芹のかおりのする、素朴な
お粥を、ゆっくり味わってみました・・・

多くの、古来からの伝統や風習を伝えていくことも、<地球に優しい行動>をしていくことも、
今を生きるわたしたちの使命なのでしょうね☆

時々はスローフードの“お粥”でも食べて、今年も健康で、一人一人ができる事からしていきましょう♪
[やまなか] 


posted by エコマネーセンター at 20:00| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。