2007年07月26日

巣立ちはいつ?

070726.jpg

夏休みに入って、ここ金山のエコマネーセンターもいつもに増して、
親子づれ・おともだちどうしのお客さまで賑わっております。 ありがとうございます♪

今年の夏は、「猛暑」から「平年並み」と予報が修正されましたが、
いまだ東海地方の「梅雨明け」は発表されていませんね。

そして、このところの日照不足で“夏野菜”の高いのには、さらにさらに知恵をしぼって買い物をしなければいけないと・・・ 自然には、かないませんから。

話題は変わりますが、5月の日記で、「兵庫県立コウノトリの郷公園」の野生のヒナ誕生について感動を書かせていただきましたが、なんともう “巣立ち” が間近だそうですよ。
今か今かと “巣立ち” の瞬間を待ちわびる人々で、連日大賑わいだそうです!

公園のある豊岡市のみなさんの「コウノトリ」に対する愛情と熱意が伝わってくるようです。

また、先日ドイツで開催された「湿地の生物多様性保全と持続的地域づくりに関する
日欧共同ワークショップ・シンポジュウム」に豊岡市長さんが参加され、コウノトリの絶滅と
復活や農業の再生などに対して、世界から絶賛されたそうなんですよ♪

「幸せな気持ち」になりますね♪♪

豊かな自然環境の中、大空を舞う「コウノトリ」と共に地域で生きることを願って、日々
努力をされている人々がいることは、なんと素晴らしいことでしょう♪

こうした自然環境の保全と自然との共生に取り組むことの大切さを、豊岡市のみなさん、
関係者の皆さんから教わった思いがしました。

[やまなか]


posted by エコマネーセンター at 19:23| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。