2007年09月04日

070904_2.jpg

先日まで夏休みを利用して
はじめて、又は久しぶりに来館されたお客さんがたくさんお見えになりましたが、
そうしたお客さんとの会話でとくに多かったのが
交通エコポンに関する話題。(^―^)

「エコポン」のポイントと「エコマネー」のポイントは少し異なるよ、
という説明をさせていただく際に、
私は「円」と「ドル」にたとえた表現をよく使っていました。

つまり、
貯めた「ドル」を「円」に変えていただくとはじめて使えるようになる。
貯めた「エコポン」も「エコマネー」に変える手続きをとっていただくと
使えるようになりますよといったかんじ。

うまく分かりやすい説明を心掛けて表現するというのは
やはりなかなか難しいもので、他のスタッフや
ボランティアさんが使った表現はあれこれ参考にさせてもらっています。

ちなみに「円」が現在の日本のお金の単位になった理由も
(諸説あるようですが)
当時の財務大臣の大隈重信が親指と人差し指で円を作れば
子どもでもお金のことだとわかるから「円」がよいと主張して決まったなんて説が。

EXPOエコマネーも
わかりやすさをいっそう大切にしていきながら、説明させていただいたり、
ポイント発行対象になることを増やしていきたいです。

なお、
単位が「円」に決まった理由は、しっかりとした資料が発見されておらず、他に
それまでの金貨が楕円形だったが新しい硬貨が円形になったためとか、
当時の政治家や役人などの知識層の間で金貨の単位の「両」を「円」と呼ぶようになっていて
それが庶民に広がっていったのを政府が採用したなどなど、いろいろあるようです。

「エコマネー」「エコポン」という単位も、
皆さんの身近な単語として定着するように、
今後もEXPOエコマネー、広げていきますね。
[リージェ]



posted by エコマネーセンター at 18:04| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。