2008年01月20日

バナナでびっくり!

080120.jpg

突然、バナナが 目の前に・・・

昨日のナスに続いて、今日は、バ・ナ・ナが?  出ません出ませんm(_ _)m

ボランティアの【たかはし】さん といえば、日頃日記をごらんになっていただいてる方は、「あれ?どこかで聞いた名前だな?」なんて・・・そうなんです、あの方です♪


今日は、「森林を守るバナナくらぶ」に所属されているボランティアの【たかはし】さんから、
すてきな作品を拝見させていただきましたので、ご紹介させていただきます。

バナナといえば、そう、愛・地球博の長久手会場「わんぱく宝島」でやっていた『バナナの紙すき』を 【たかはし】さんは、ずっと継承してやってみえるのです。
実際に会場で体験された方もおみえになるでしょうね♪

簡単に工程を説明をしますと
まず、バナナの茎を水に浸す(100%バナナの茎)→ミキサーにかける→紙すくいにかける(この時に草花やお家にあるお好きなものをなんでもいっしょにとじこめられる) →乾燥させる

こうして、写真のようなすてきな葉書きができるのです。
できた葉書きを実際に出してみたり、お部屋の壁にインテリアとして掛けてみたりして、みなさん楽しんでみえるそうです。
世界に一つだけの葉書きですもの、手元に届いたら喜ばれるでしょうね♪


今でもお声がかかって小学校に授業の一環としてご指導に出かけられる機会があるそうです。
こつこつ几帳面にやっているお子さんや それはそれは大胆に思いきってやるお子さんがいたりで、「見ているだけでとっても楽しいわ。」と、笑顔いっぱいでお話ししてくださいました♪
お子さんたちの個性溢れる作品が目に浮かびますね。

『バナナの紙すき』に興味をもたれた方、もう一度あの頃を思い出してとお思いの方、EXPOエコマネーセンター(アスナル金山1F)で【たかはし】さんを見かけたら、ぜひ声をかけてみてくださいね♪
[やすだ]


posted by エコマネーセンター at 17:57| ボランティアさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。