2008年03月05日

みんなの海

.\

今日、3月5日は、さん(3)ご(5) の語呂合せと、珊瑚が3月の誕生石であることから
『珊瑚の日』といわれています。

『珊瑚』、みなさんは、ご覧になったことありますか?
とはいっても、そうは簡単に見ることはできませんよね。

本日ご紹介させていただくボランティアの【こが】さんは、ダイビング歴40年のベテラン
ダイバー、沖縄の海にもぐって、それはそれはキレイな珊瑚をご覧になったそうです。
沖縄ケラマ諸島の珊瑚は世界一、日本の海はすばらしい!と絶賛!


つい先日、2月下旬にも、仲間のみなさんと「北海道知床ウトロ流氷ダイビング」に行かれ、
タイミングよく、巻貝の一種『クリオネ』に遇えたと満面の笑みでお話しいただきました。
夏の海開きの前の清掃活動はもちろん 海に入るときは必ずゴミ拾いをしている【こが】さん、
今回も金属製のゴミを揚げられたそうです。

岸辺のゴミの量は、20年前くらいがピークで、釣竿、ビニール袋、ペットボトル、空き缶、
衣類など 当時は袋いっぱい集まったそうです。
今では、それぞれがゴミを捨てないように持ち帰ったり、こまめに拾うようになって、
ずいぶんごみの量が減ってきたんだと・・・
「ひとりひとりの意識、心がけで、海はきれいになるんだと、本当にわかった。」
「まずは、植樹!山を育てなければ、海は綺麗にならない。」 と、
力強く最後に言っていただいた言葉がとても印象的でした。


万博以来いろいろなお仲間ができ、EXPOエコマネーセンター(金山)はじめ、モリコロパーク、
名古屋港水族館とボランティアの世界も広がったそうです。
「日々、人とのふれあいで癒され、いっぱい楽しめ、みなさんから勇気がもらえるわ」と
元気はつらつの【こが】さん、
みなさんどこかでお目にかかれる機会がありましたら、お声をかけてみてください。
きっと、すてきな海のお話がうかがえるはずです。
[やすだ]


posted by エコマネーセンター at 21:04| ボランティアさん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。