2008年04月12日

包装は少なめが・・

080412.jpg

春先は、気候も私たちの体調も不安定になりがちですね。

でも、まわりを見渡してみると、自然界は確実に“いきいき”してきましたよ♪
さぁ、わたしたちも、自然界から “英気” をもらいましょう!

ところで、最近は、地球環境問題に関しての記事やニュースを目にしない日はありませんね。

ある日の新聞記事から・・
今年、「G8(主要国)環境相会合」が開催される神戸市で、包装が少ない商品を選んで、ごみの発生を減らそうという社会実験が実施されるそうです。

【減装(へらそう)ショッピング】と銘打ち、神戸大の学生さんたちの団体が、メーカー・
流通業者と協力し、包装の少ない商品の購入を呼びかけるという、全国では始めての
試みだそうです。

現実に、ここまでの包装が必要なのかしらと、首をかしげてしまうことも日常よくありますよね?

きれいな包装紙も箱も、一回だけの使用では、“もったいない”ですが、かといって、他に
再利用のあてのないものならば、やはり、これも「ごみ」となってしまいますものねぇ。

まずは、日用生活品からでも、過剰包装が今より少なくなれば、わたしたちの家庭からの「ごみ」もかなり減るような気がしますが・・・

実際、神戸大大学院の教授によれば、この10年間で、リサイクルされる一般ごみは増えているそうですが、「ごみ」の排出量自体は減っていないので、この実験を通して
「ごみ」の発生そのものを抑える社会モデルを作りたいということです。

《低炭素社会》をめざすため、わたしたちにも出来る、【減装(へらそう)ショッピング】は
神戸市のみならず、全国的に繰り広げられるようになるといいと思いますね♪
[やまなか]


posted by エコマネーセンター at 18:20| エコ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。