2008年05月06日

輪ゴムでエコ

080506.jpg

今日5月6日は「ゴムの日」
ということで、今日は輪ゴムを使ってのエコ知識です。

写真のように
シャンプーや食器用洗剤などポンプ式の容器の首の部分に輪ゴムをまきつけて
出る量を調節してやると、中身だけでなく、その洗剤を落とすための無駄な水も減るので
手軽にできるエコ活動になります。

これは、よくマスコミなどでもとりあげられているので
すでにやられている方も多いかもしれませんね♪

私が最近知ったエコアイデアは
同じ洗い物でも、石鹸を長持ちさせようというもの。

石鹸を置く容器に輪ゴムをまきつけてその輪ゴムの上に石鹸を置くことで、
石鹸の水切りをよりしっかり行い、少しでも溶けてしまうのを防ぐのだそうです。

あと、輪ゴムにほこりがからまってしまっていることってときどきありませんか?

輪ゴム独特のべとべとっした質感、これを逆に利用して
ラップの芯などに何個も輪ゴムをまくなどして、それをじゅうたんにこすりつけてやると、
ほこりや毛をからみとってくれる「手作り簡易掃除機」になります。
あまり使い古して劣化した輪ゴムだとうまくいかないので、御注意を。

よかったら実践してみてくださいね。
また、他にもこんなアイデアあるよという方は是非教えてくださいね!
[リージェ]


posted by エコマネーセンター at 20:00| エコ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。