2008年05月07日

鳥たちの“さえずり”

080507.jpg

ゴールデンウィークが終わり、つぎは、もうじき 『バードウィーク』ですよ♪

毎年、5月10日〜16日までの1週間と定められているんです。

去年は、健気で逞しい “渡り鳥たち” について、「日記」に書かせていただきましたが、
また、今年も “鳥たち” について書きたくなりました。(^_^)

みなさんは、日ごろ、どんな “鳥たち”に会いますか?

日の出前にさえずる声は、わたしたちに、「今日も一日がんばろう!」と
不思議な“力”をくれるような気がします♪

そして、日が落ちてから、“鳥たち”のさえずりを聞くと、「さぁ、一日終わったよ〜」と
なんとも温かい“安堵感”に浸れる・・そんな気がしませんか?

こんな“鳥たち”も、人間により、何気なく捨てられた、針金やビニール紐などが絡まって、
傷ついたり、死んでしまったりすることが絶えないそうです。

こうした実情を知り、公園や河川敷などを歩いて、捨てられた糸を拾ったり、被害にあった
“鳥たち”の保護をしている、市民グループもたくさんあるようですよ。

『バードウィーク』は、イコール 自然環境の保護週間だとも思います。

人間により、危害を加えられた、かわいそうな“鳥たち”についての最近のニュースは、
ただただ、ショックでした。

“自然の中で、いろいろな生物も、わたしたちも、共存している” という大切なことを、
忘れてはいけませんね♪
[やまなか]


posted by エコマネーセンター at 21:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。