2008年06月02日

☆第1回報告☆

080602.jpg

もう6月ですね!!
私は大学の授業が始まりあっという間に2ヶ月が経ってしまいましたよ!

前の日記で大学で環境についての授業を受講していると書いたのを覚えてますかね!?
その日記で「印象に残った授業やみなさんにも知ってほしいなと思った事を、
書いていきたいな」 と書いたので今回は・・・

≪第1回報告≫
『間伐』についてです。

写真にもあるようにEXPOエコマネセンターには
間伐材を利用して作られた商品がたくさんあるんですよ。

ではなぜ森林に間伐が必要なんでしょうか?
ご存知の方もいると思いますが、
そういった方は、改めて確認という感じで見てください。

木を植えることは新たに森林を作っていくためにとても必要な事です。
しかし、今ある森を守っていくためにはどうしたらよいでしょう。
その答えのひとつが、『間伐』です。

なぜなら、育ちすぎて木が密集してしまうと日当たりが悪くなり、
成長していた木はそこで生長が止まって細く弱い木になってしまうんです 。
そうなると、木は太陽から十分な光をもらえず、
光合成によって減らせる二酸化炭素の量も減ってしまいます。
だから、十分な日当たりが確保できるようにする作業が必要なんです。

また、間伐をしないとしたまで光が届かず、下層植生が衰退し土砂が流出してしまいます。
下層植生を繁茂させるという意味でも間伐は必要なんですね

間伐がなぜ必要なのかわかりましたか!?

木を植えるということもとても大切な事です。
木を切るということも大切な事だということも覚えておいてくださいね

[やまもと]



posted by エコマネーセンター at 19:11| エコ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。