2008年06月21日

サラゴサ万博

.\

先週の土曜日からスペインで”サラゴサ国際博覧会”が始まっています。
みなさんの中にはもしかしたら“愛・地球博”で万博にはまって、サラゴサにも行きます!という方も
みえるのかな?

サラゴサ国際博覧会は「水と持続可能な開発」をテーマに、
2008年6月14日から9月14日まで開催中です。

100以上の国や国際機関、企業やNGO、市民などが参加し、
シンボルの水の塔やヨーロッパ最大の淡水魚の水族館、
会場内に流れる川にはブリッジパビリオンなどなど
地球温暖化問題とも深い関わりがあり、
生きていく上で必要不可欠な“水”に関してのさまざまな展示が
行われています。

ちなみに日本館は会場のほぼ中央にあります。
まず入口では愛・地球博でもおなじみの「ドライミスト」でおもてなし。
続いて、200年前の日本を浮世絵風のアニメで再現し、三面の巨大スクリーンで上映しています。
先日「ちさと」さんも日記で触れていましたが、江戸時代は資源の循環利用が徹底的に行われ、
ごみの廃棄も極めて少なかった時代です。そうした中での川の水を汚さない人々の暮らし方を知り、
きれいな水とともに花開いた文化の豊かさを感じ、その根底に流れる日本人の伝統的な知恵や技、
自然観にふれてもらおうという内容です。

その後もいろいろと続きます。
日本独特の美しい水の景観の紹介や冷茶のサービスなどなど、
ちなみに日本食レストランもあるそうです。
また7月21日にはイベントとして、ジャパンデーも開催されるそうですよ。 

是非現地で実際にといきたいですが、さすがに行くには少し大変な場所なので、
私はインターネットを使って現地の様子をのぞいたりしています。
すでに開幕したときの画像などがネット上にいくつかアップされていますので、
興味のある方はご覧になってみては。
もしみなさんの中に実際に行きます、もしくは行ったという方がみえましたら、
ぜひ思い出話を聞かせてくださいね。

[リージェ]



posted by エコマネーセンター at 20:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。