2008年08月09日

ペットボトルのキャップA

.\

こんにちは(^_^)
以前、私たちが通う名古屋学院大学の大学祭クラブではペットボトルのキャップを集めていると
お伝えしたのを覚えているでしょうか??
何故キャップを集めているか気になる方は以前に書いた[おおうち]さんの日記をご覧ください。

ひとことでいうと集めたキャップがワクチンに換わるのですが、
どのような流れでワクチンになるかといいますと、
@ペットボトルのキャップを集めます。
A名古屋学院大学祭クラブが、キャップの再資源化とワクチン寄贈を主旨とする
  NPO団体に送ります。
B再資源化事業者にキャップが売却されます。
C売却で得たお金は、発展途上国にワクチンを贈り感染症を根絶することを目的とした
 別のNPO団体に寄付されます。

上記の@〜Cの流れでワクチンを購入することができ、
主に東南アジアの子どもたちのもとへ届けられます。

中間報告までに、今現在地域の方々の協力の下、約63,828個のキャップが集まっています。
なぜ約が付くかと言いますと、時間の都合でまだ数えてないキャップが
ダンボール1箱分あるからなんですけど・・・<(_ _)>

この活動をしていく中で、多くの方がペットボトルのキャップのことについて知っていましたので、
とても驚くとともに、もっと多くの方に知っていただきたいと思いました。
そこでエコマネーセンターさんにも協力をいただき、
8月9日(土)から10月31日(金)までEXPOエコマネーセンター(金山)でも
ペットボトルのキャップを集めることになりました。

詳しく言いますと、
EXPOエコマネーセンター(金山)内に写真のようなペットボトルキャップ回収箱が用意されます。協力いただける方は、そこにキャップを入れてください。
ただし、キャップを持ってきて下さるときに気をつけててほしい点があります。
 @事前にキャップは洗ってきてください。
 Aエコマネーポイントは発行されません。
 Bあくまで家庭内で出たキャップを持ってきてください。

私たち名古屋学院大学大学祭クラブは、ペットボトルの本体とキャップの「分別」をしてリサイクルするこの活動を通して、環境活動とともに誰かが救われていることを知ってもらいたいと考えています。 ただ、一番良いのはまずペットボトルのゴミを出さないこと。リデュース(減らす)・リユース(再利用)・リサイクル(再資源化)の「3R」で、少しでも無駄なゴミをみなさんと一緒に減らしていければと思います。
[たけうち]



posted by エコマネーセンター at 18:57| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。