2008年08月19日

お宅ではどうしてますか?

080819.jpg

みなさんは、ご家庭でのごみ出し、何か工夫をされていますか?
家庭から排出される可燃ごみの約40%は「生ごみ」といわれています。
この「生ごみ」、腐りやすく、特にこの季節、いやな「悪臭」で困っている方も多いでしょうね。

みなさんもすでにご存知かと思いますが、生ごみの悪臭や腐敗の主な原因は、
生ごみに含まれる水分です。その水分をよく切ることで、
生ごみの悪臭や腐敗防止に役立つというわけです。

名古屋市では、昨年、写真左の青い【生ごみの水切り・ひとしぼり】の道具を、
そして、今年は、写真右の【生ごみカラット(水分をとった生ごみを、風通しの良い状態で
保管する容器、中央のザル付き)】をそれぞれ無料配布して、
市民のみなさんへの呼びかけとともに、生ごみの水切りについてアイデアを募集しました。
市の広報を見られたたくさんの方々が、これらを手に入れようと、
朝早くからEXPOエコマネーセンター(金山)に駆けつけていただき、
多くの方々に、ご利用いただけたかと思います。


「水を切る」
決して難しいことではありませんよね。よ〜く考えてみてください。
ちょっとした工夫やひと手間かけていただくことで、水切りはできるのです。
例えば、調理の際に、たまねぎやジャガイモなど野菜の皮は、極力水にぬらさない、
麦茶やコーヒー、紅茶などのティーパッグ類は、使った後、手でしっかり搾ったり
特に器具などなくても 心がけ一つ!
片付けの際にも ざるなどで一度水気を切ったり、できることなら、乾燥させると、
生ごみの減量にもつながり焼却施設での焼却効率や収集車の運搬効率が向上し
CO2の削減に役立つわけですよね。

みなさんもおうちでやってみえるごみ出しのいろいろなアイデア、
ぜひ教えてくださいね。   お待ちしています。
ちなみに応募していただいた水切りのアイデア集は、お手元で見ていただけるように
EXPOエコマネーセンター(金山) にも置いてあります。ご覧くださいね。

[やすだ]



posted by エコマネーセンター at 20:59| エコ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。