2009年05月19日

いのちを支えるもりづくり

090519.jpg
来年、愛知県・名古屋市では
自然といのちについて話し合う国際会議「COP10」が行われることもあって、
最近「生物多様性」という言葉をあちこちで見かけるようになってきましたね。

ちなみに今度5月22日(金)は「国際生物多様性の日」なんですよ♪

実は、国際生物多様性条約の事務局がこの5月22日に
「グリーンウェイブ運動」といって世界中の学校などで10時に一斉に植樹をしましょう
(時差があるので緑の波ができるというイメージ)という呼びかけをしています。

愛知県では、これと連携をしながら
今年度、植樹活動を全県的に推進する「いのちを支えるもりづくり」事業を行うそうです。
つまりたくさんの愛知県民や企業に参加してもらいながら、県の各地で植樹などをやりますよ
ということですね。

そしてこの「いのちを支えるもりづくり」事業のキックオフを記念した「植樹」を5月22日(金)に
つづいて県民の皆さんに体験や催し物を通じて暮らしと自然のつながりを楽しく実感してもらう
「イベント」が5月23日(土)・24日(日) 10:00〜16:00に
愛・地球博記念公園(モリコロパーク)の大芝生広場周辺にて、それぞれ行われます。

「イベント」の概要はこちらをごらんください。

ちなみに「イベント」内で行われる以下のワークショップに参加をすると
シールがもらえるので、それを現地の出張EXPOエコマネーセンターにお持ちいただくと
1ポイントをさしあげますよ。

 「海上の森センター」の枝、葉などを使った小物作り・・・両日開催  
 「もりの学舎」の木の実などを使った工作体験・・・両日開催
 「となりの森環境塾」の竹や木を使った物づくり体験・・・23日のみ
 「長久手公共施設協力会」の花の苗を使った挿木・・・24日のみ

また、リニモでお越しの方には出張センターにて
リニポンの10ポイントをおつけしますので、駅でのタッチを忘れずに。
この日は海上の森センターやもりの学舎まで足を運ぶ時間がなくなってしまっても大丈夫です。

地元でとれた野菜や果物、水産物、間伐材を使用した木製品の展示・販売などもあるそうです。
モリコロパークに来て、いろいろな自然のめぐみを、見て、感じ、楽しみながら、“いのち”を実感すると、
食事のおいしさや山歩きの楽しみ方などもかわってくるかも。
ぜひ足を運んでみてくださいね。
[リージェ]



posted by エコマネーセンター at 18:43| イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。