2009年09月09日

生き物探し

090909.jpg

ここ最近はすっかり日が沈むのが早くなり、夏の終わりを感じさせられます。
そういえば、昨年の夏はEXPOエコマネーセンターにコオロギが迷い込み、キレイな鳴き声で
スタッフを癒してくれていた事を思い出します。

小さい頃は、コオロギなどの生き物を見つける事はすごく簡単なことでしたが、
今では見ようと思ってもなかなか見つけるのが困難なように感じていたので、
休みの日を利用し娘と一緒に川に色々な生き物を探しに行ってきました。

川に行ってみると、まだ蝉が鳴いていましたが、夕方になるとコオロギの鳴き声に変わり
トンボがたくさん飛んでいる姿を見るようになりました。

写真は撮れなかったのが残念なんですが、オタマジャクシから足が生えていて
あと少しで蛙になろうとしてる姿も見つけました!!
蛙になる途中の姿だったため、あまりキレイな姿ではなかったですが、
野生の生き物の力を感じられる、貴重な体験をしました。

その中でも一瞬、目を背けたくなるようなものが今日の写真の「蛙の卵」でした・・・・・。
蛙が頑張って産んだものなので、悪く言うのはよくないと思うのですが、大人になってもあの形と
黒い点々の多さには、少し後ずさりしてしまいますね。

その他にも、川にはメダカ・鯉・ザリガニや顔の周りをずっと飛び回っている
小さなハエのような虫もいて、童心にかえり娘と休日を満喫させていただきました☆

そして、家に帰ってきてから気づいたのですが、水辺の近くということもあり
体中に蚊に刺された後がたくさんありました。

都会ですごす事に慣れていたため、すっかり自然とふれあう時の注意事項を忘れていました。
今度の休みも娘と川に行く約束をしたので、次回はしっかりと虫除けスプレーをして
秋の生き物を見つけてきます!!
[あべ]


posted by エコマネーセンター at 18:36| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。