2009年11月01日

エコhouse

091101.jpg
今日は、「漆喰(しっくい)」を紹介します!

漆喰とは、よく家の壁の上塗りや、レンガなどをくっつけるときに使う、
泥のようなもので、いろいろな種類があります。

中でも、赤貝の貝灰でできた漆喰は、日本では昔から使われていたそうです!
例えば、あの白くてキレイな姫路城。その白壁にも使われているんですよ(o^∇^o)ノ
あの白さは赤貝の色だったんですね♪

食用に利用された赤貝の貝殻を主な原料にリサイクルしたものなので、
環境にやさしいだけでなく、さらにヒビも入りにくい、とっても優れものの漆喰なんです!
年月が経つほど白さが増して、キレイな味わいのある色味を出すそうです。

最近では、太陽光発電を家庭に薦めたり、エコ家電を薦めたり
という取り組みもありますが、家を建てる段階から業者さんが
エコをうちだした商品を提示してくることもどんどん増えてくるでしょうね♪

逆に皆さんも
これから家を建てようかしら、家のリフォームをしようかしらという方、
一度、家のエコについて考えてみてはどうでしょう。
衣替えにあわせて、冷暖房が逃げにくい部屋の間取りがえなんかもGOOD!
気持ちを新たに、エコなおうちに住むのもいい気分ですよね☆

私もいつかステキな人と結婚して、マイホームを建てる時には、
エコを考えた家造りができるといいなぁ〜と思います(*゚ー゚)ノ
【ちさと】



posted by エコマネーセンター at 20:05| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。