2009年11月23日

島ぬ宝

091123.jpg
こんにちは♪ 最近はどんどん本格的な寒さになってきてますね。愛知に住んで
もう5年目になるのに未だに愛知の冬の寒さに慣れない沖縄県民のかんなです( ̄ー ̄;)
一体沖縄と愛知の気温差はどれくらいなんだろうと思って調べてみると‥‥
那覇市の明日の最低気温予報はなんと22度くらいらしいんです!!!
だからこそ、沖縄県では天気のいい日であれば今くらいの時期でも海に入ることができます。
11月でもダイビングをしに観光客の方もけっこう来るみたいですよ。
ちなみに上の写真は僕の地元の宮古島の海の写真です(o^∇^o)ノ
ただ、海は綺麗なんですが、砂浜にはごみがけっこう落ちていて、
誰も掃除しなかったら10年後にはどうなっちゃってるのかなんて
心配になっちゃうこともしばしば‥‥

そんな沖縄の海の未来を守るため今月、
世界初の試みである社会実験が沖縄県の鳩間島で開始されました。
その名も「宝の島プロジェクト」!!! そのプロジェクト内容とは、
海岸に流れ着く漂着ゴミをエネルギーに変えて再利用してしまおうというものです。
沖縄県に漂着するごみの多くを占める発泡スチロール類を、
スチレン油というガソリン等と同じ可燃性の液体に変換し、
燃料として活用‥‥なんて夢のような話が実現しちゃったんですね。

これによって、ごみを処分するためのお金も大幅に削減できるし、
省エネや燃料不足もカバーできるし、何より島おこしにも大きくつながりますよね。

生態系に悪影響を与えるし、処分するのにも大変な、嫌われ者の漂着する発泡スチロールが、
やり方しだいで島の大きな宝になる、
これからもそんな壮大なプロジェクトの行方を見守って行きたいと思います。

私たちの周りでも、一見ごみだけど実は活用の仕方によっては宝になるもの、
探してみませんか?
[かんな] 


posted by エコマネーセンター at 21:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。