2009年12月03日

海の“正倉院”が・・・

091203.jpg
今年は、少しばかりおだやかな12月の入りでした。
自然を受け入れ、少々の寒さや暑さに“一喜一憂”しないように・・とはいつも思うんですが(^◇^)
ところで、最近になって“海の正倉院”といわれる島があることを知りました。
それは、玄界灘の真ん中に浮かぶ「沖の島」というそうです。
みなさん、ご存知でしたか?

原始林に覆われたこの島は、4世紀ごろの祭祀跡から、多くの「神宝」が発見されたそうですよ。
ほとんど人の手が入っていないこの島は、自然の宝庫ともいえそう♪

原始林を形成している照葉樹林の“タブノキ”、“タブノキ”の根元に“巣”を作り
繁殖をする“オオミズナギドリ、数千年前の姿のままの”森“と”対馬海流“が育む”魚たち“・・・と
確かに、ここには大昔からの自然の営みが脈々としているようです!

海鳥たちの中には、絶滅が危惧されている“ヒメクロウミツバメ”の繁殖もこの島では
確認されているとか。

“タブノキ”の原始林は国の“天然記念物”として、また海鳥たちの繁殖地として“鳥獣保護区”にと
手厚く守られているからこそ、貴重な自然が、自然のままであり続けることができるんですね♪

さて、今日はもう一つ、年内最終の「あおなみウォーク」についてのお知らせです。
12月5日(土)、今回は名古屋競馬場コースです。
スタートは午前9:00〜11:00までに、ゴールは午後3:00までにしてくださいね!
よろしくお願いします♪

そして必ず、スタートの「名古屋競馬場前駅」リーダーと、コース途中の「愛知県武道館」に
臨時設置される交通エコポンリーダーの両方に“タッチ”してくださいね♪
エコマネー10pts発行されますよ!!
今度も前々回(写真)、前回に続いて[さかいり]さんが現地でみなさんをお待ちしています!!!
ちなみに「あおなみ線」の「み」の文字の由来は、“港”を表しているそうなんですよ。
“海”の玄関口も、汚さないよう守りたいですね♪
[やまなか] 


posted by エコマネーセンター at 20:18| イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。