2010年04月02日

どこでもエコ!(後編)

100402.jpg

前回に引き続き台湾のお話です。

日本では観光名所でお土産を買うと必ずといっていいほどお土産用に余分なレジ袋をくれますよね。
親切なところだと、聞かれなくてもお土産の数だけ袋が入っていたりします。
心遣いはとても嬉しいのですが、その袋が使わずに無駄になったりするともったいないですよね。
しかし、台湾ではお土産を買おうと色々な店に行っても精算の際に何も聞かれません。
余分なレジ袋など、台湾にいる間にひとつも貰いませんでした。

当然スーパーに行ってもレジ袋は有料。
私はどこへ旅行に行くにもエコバックを持ち歩くようにしているので、もちろんレジ袋は断りました。
実際はたくさん買い物しすぎて入りきらなかったのでレジ袋も買うはめになってしまったんですけどね・・・(笑)

最近どこに行ってもエコを感じることが多いです。
日本でもひとりひとりが意識していることを世界全体が協力してやっているなんて、
改めて素晴らしいと思いました。

ちなみに台湾では色々なものを食べました。
夜市で食べたものはどれも安くて絶品だったのですが、
お店の人に「ハオチー(美味しい)!」と声をかけると笑顔を返してくれて、
とても嬉しくなったのを覚えています。
また、鍋の店に行った際には隣に座っていた高校生くらいの女の子たちが
「ここの飲み物はセルフサービスだからとってこなきゃいけないよ」
などと北京語で話しかけてくれたりして大変助かりました。
言葉が通じないながらも身振り手振りを加えて一生懸命伝えようとしてくれたのは、
彼女たちだけではなく街で道を教えてくれた人々すべてがそうです。
今回の画像はそのお店で食べた『臭臭鍋』です。
臭旨い鍋なんて生まれて初めて食べました(^^)

都会的でありながら温かみもある台湾。
是非また行きたい国になりました。
[たまい]


posted by エコマネーセンター at 21:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。