2010年04月11日

牡蠣と植林

100411.jpg
牡蠣は好きですか??
私は、カキフライが大好きです♪

いきなりなぜ牡蠣のことを言い出したかというと、
先日、牡蠣と環境との関わりで面白い話を聞いたからなんです。

それは・・・
ある漁師さんが、美味しい牡蠣を作るために植林活動を行っているそうなんですよ!!

漁師さんが!?と疑問に思った方がいらっしゃるのでは??
私もこの話を聞いたとき漁師さんと植林活動の関係が分からなかったです。

その関係を一言で言うと、「森と海は繋がっている」ということです。

海の水ってどこから流れてきますか??
山から川を下って海に流れ着きますよね。

森に広葉樹を植林することによって、冬になると地面に葉を落とし、 落ちた葉は微生物に分解され腐葉土になります。
雨水がその腐葉土を通ることで栄養分の高い水が川に流れ込むのです。
その川が海に注ぎ込むことによって、海水中に窒素やミネラルなどの栄養分が豊富に!!
つまり、美味しい牡蠣が育つんですよ♪

自然を守るこことって、美味しい食べ物にもつながっているんですね!!
美味しいものには目がない私としては、とても興味深い話でした☆彡
そして、牡蠣が食べたくなってくる話でした★彡
[やまもと]


posted by エコマネーセンター at 21:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。