2010年04月25日

晴天希望!

100425.jpg
「○○殺すにゃ刃物はいらぬ、雨の三日も降ればよい」
という言葉を先日テレビのニュースで耳にしました。

少々物騒な言葉にも感じますが、天候に左右される職業を生業としている方たちが
自分の仕事を○○に入れて「晴れて欲しい」という願いを込めて使う言葉のようです。

ニュース中では、今年は天候が不安定で、生地洗い・天日干しという晴天時にしか出来ない
作業をする染物屋さんが、先の言葉の○○の部分に「染物屋」という言葉を入れて
今年の困った天候を嘆いていました。

他には、梨農家の方が梨の受粉作業を行える日(梨はとても繊細な植物で、
低気温日・強風日・雨天は作業を行うことができないのだとか)が、
4月中旬までずっと来なくて大変だったという話も挙げられていました。

梨の花は、開花のピーク直前2〜3日に受粉をしてようやく、
見事な梨の実を実らせることが出来るようになるため、○○には「梨農家」を入れていました。

こういった話から、私たちの生活は雨などの天候に大きく左右されてしまうんだなぁと
改めて自然の力の大きさを感じました。

もうすぐゴールデンウィーク、戸田川緑地での森づくりイベントなどが企画されています。
早く春らしい(とはいっても日付的にはもうスグ初夏ですね)天気に落ち着いてもらって、
楽しく明るい連休を満喫したいです(^∀^)♪
[しろやま]


posted by エコマネーセンター at 19:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。