2010年07月16日

100716.jpg
以前の[しろやま]の日記でもたびたび書いている、
雨が降る季節にぴったりな「今日は○○の日」をご紹介しようと思います。

今日、7月16日は 『虹の日』 だそうです。
何で虹の日なのかと言うと、「7(ナナ)1(イ)6(ロ)」という語呂合わせから来ているんだとか。

虹は、「太陽の光が空気中の水滴によって屈折・反射されるときに
水滴がプリズムの役割をするため、光が分解されて何色もの帯に見える」
……という仕組みで見られるのですが、ご存知の方が多いはず。
そのため虹は雨上がりや水しぶきをあげる滝で見られます。
人工的に見るには、太陽を背にしてホースで水まきをすれば見ることができますよ(^∀^)

英語では虹はレインボー (rain bow) =「雨の弓」と言われますが、
フランス語ではアルカンシエル(arc-en-ciel)=「空に掛かるアーチ」と言われていて、
なんだかかわいらしい呼び方だなあと感じました。

虹の色は日本では一般的に7色(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)と言われますが、
ドイツでは5色、スウェーデンでは6色と国が違えば捕らえ方も違うようで、
日本でも昔は5色、沖縄では2色(赤、黒)とされていたんだそうです。
ちなみに、虹を7色した最初の人は万有引力などで有名な科学者ニュートン!
そのためニュートンの母国イギリスでも虹は7色とされています。

先日もお客さまの中に「今日は虹を見た!」と嬉しそうに報告してくださる方がいました。
「雨イヤだなぁ…」と思っている方は、ぜひ「虹を見られるチャンスが多いんじゃ?!」
と思って過ごしてみてはいかがでしょうか?
[しろやま]


posted by エコマネーセンター at 18:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。