2010年09月09日

○○使用のお土産ストラップ

100909.jpg
昨日は台風の影響で少し涼しい一日でしたね。
少しずつ秋らしい気候になりつつあるのかなぁ…と感じているしろやまです。

センターでは一足先に秋らしい飾りつけをしてある場所があります。
中秋の名月のイベントであるお月見の飾りつけを製作しました。
「え、そんなのあったかなぁ?」と思われた方はぜひ探してみてくださいね(・ω・)♪
ちなみに、今年の中秋の名月は9月22日、十三夜は10月20日だそうです。

さて、話は変わりますが、先日大学の友人と彦根に観光に行ってきました。
有名な彦根城のキャラクターに会いたいという友人の夢を叶えるために行ったのですが、
私自身滋賀県は初上陸だったのでとてもわくわくしながら向かいました。
かなり急で長〜い石段を登りに登ってようやく見える天守閣は、とても見応えがありました!!

見学を終えて下山した後は、観光地では定番のお土産を物色していたところ、
花札のようにカラフルでかわいい彦根城キャラの描かれた木製ストラップを見つけました。

説明書きを読むと、このストラップは「間伐材」で作られていると書いてありました。
なんでもこの間伐材製ストラップは販売収益の一部を滋賀県の
森林資源保全活動に役立てるために使用しているのだとか。

EXPOエコマネーセンター(金山)の交換商品にもウッドトレー木のしおりなどの
間伐材使用商品を目にしていますが、思いがけず旅先でも目にすることができて感動しました。

プラスチック製のお土産もいいですが、木製ストラップは温かみがあってかわいらしくて、
しかも観光地の森林保全にも関われちゃうだなんて素敵ですよね(^∀^)

みなさんも「間伐材の利用の品をこんな意外な所で見たよ!こんな利用法があったよ!」
という目撃情報がありましたらぜひ教えてください!
[しろやま]


posted by エコマネーセンター at 20:22| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。