2011年03月07日

COP10開催記念植樹

110307-mo.jpg
先週から寒さが戻り、朝夜はまた冬に逆戻りのような数日でしたが、
こうやって少しづつ春が近づいてくるんですよね。
日曜日のお昼は上着がいらないくらいでした。 

そんな昨日3月6日は前の日記でもお知らせしましたが、
昨年行われたCOP10の開催記念植樹が
長久手町の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)(上の写真)と
名古屋市の戸田川緑地(なごや西の森)(下の写真)の二会場にて行われました。
参加者は各会場200人づつ、多くの参加をいただきました。
110307-to.jpg
私は戸田川緑地会場の方にスタッフとして行ってきました!(^-^*)/
戸田川会場では
エノキ、ムクノキ、サトザクラ、アカメヤナギ、クスノキ、クロマツ、イチイガシ等々、
たくさんの種類の苗木を植え、773本の植樹を行いました。

こちらは団体での子どもたちの参加も多く、植樹作業は初めての方も大勢でしたが
「戸田川みどりの夢くらぶ」のボランティアスタッフの説明を聞き、
教えていただきながらわきあいあいとスムーズに進みました。
愛・地球博記念公園の方ではモリゾー・キッコロの登場もあり、
やはり子どもたちの参加も多く、皆COP10開催記念植樹を
わくわく、楽しみながら作業に取り組んでいたようです。

朝方は曇っていましたが、
その後太陽も出てお天気にも恵まれたイベントとなりました。
この植樹の意味が将来につながっていくことを願います。

私もCOP10で昨秋の愛知県ブースと今回との両方にかかわることができ、
とても貴重な経験で思い出に残るものとなりました。
                    
[みうら]

                                 


posted by エコマネーセンター at 19:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。