2011年05月18日

こんな“循環型農業”が♪

110518.jpg
薫風が心地良い、今日は“アッパレな五月晴れ”でしたね♪

5月も半ばを過ぎた今は、通勤の電車から見える田んぼでは、すでに“田植え”が
ほとんど終わっているようです。 最近のニュースによると、東日本大震災に見舞われた“みちのく”でも、農家の人々の努力で、
“田植え”が始まったところもあるそうですよ。

以前、東北のある町で、牧場と地元の農家、JAなどが循環型農業の構築を めざしているということを聞きました!

それによると・・・ ある牧場で作られた“有機堆肥”で、遊休農地を有効活用するため、地元の農家の みなさんに“飼料米”を作っていただくんだそうです。 そして収穫した“飼料米”は、地元のJAを経由して、牧場が買い上げ、飼料会社で他の飼料と
混ぜ合わせて出来上がった“配合飼料”が、まわりまわって、牧場の豚に・・・♪

なんという好循環なんでしょう!!

このような循環型農業が日本各地に広がれば、食料自給率低下に歯止めが
かかるのかもしれませんね(^○^)

もともと、“みちのく”は食材の宝庫だなぁ・・と思っていました。
さらに、この取り組みを知ってからは、感動して、牧場から“みちのく”の 食材を いただいています♪
大震災を乗り越えようとがんばっている遠い“みちのく”の人々を思い、
これからも、心から応援したいと思っているこの頃ですd(@^∇゚)/
[やまなか]


posted by エコマネーセンター at 21:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。