2011年06月16日

LEDって

110616.jpg
こんばんは!
昨日の日記で紹介された商品の「LED電球」について、
もう少し詳しく紹介していきたいと思います。

まずは、LED電球と聞いて最も気になるところ・・・そう!「LED」ですよね!?
LEDとは、Light Emitting Diode の略で、日本語では「発光ダイオード」と呼ばれています。

では、なぜ、LED電球がいいのでしょうか?
それは・・・白熱電球とは異なり、原理上は光を出すために熱を必要としないので、
効率がよく消費電力が少ない。フィラメントなどの消耗部分が無いので長命で、
点灯消灯による劣化することもないのです。

ゴミとして出ることが少なくなるので、要するに、環境にも優しい商品なんですよ!!!

ただし、ここで忘れないでほしいことがあります・・・
LED電球にも、サイズ、明るさ等がありますので、そこはしっかりと調べて
家で合うかどうか確認してくださいね!

ちなみに交換商品として出る電球は600lm。口金のサイズはE26口金です。
lmはルーメンという明るさを表す単位で、
白熱電球の40wが485lm以上。60wが810lm以上となっていますよ。
[やっし〜]


posted by エコマネーセンター at 21:42| エコ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。