2011年07月08日

宇宙とのおつきあい

110708.jpg
七夕、結局今年も天気が悪かったですね。
思い返すと、あまり七夕の日に今年はきれいな天の川がという話題になったおぼえがほとんどなく・・・
名古屋の過去50年の7月7日の天気を調べてみると
雨または曇りだった年がなんと40年もあるんだとか。

いつも以上に節電で星が見えやすくなっている今年。
できれば星空が見れると良かったのですが・・・・

ちなみに七夕に降る雨のことを織姫と彦星が流す涙だとして
「催涙雨(さいるいう)」という言葉で表現することもあるようです。
風情ですね。

同じ7日に、「大雨にみまわれていています、どうなる?」と、耳に入ってきたのが
最後のスペースシャトルの打ち上げの話。

そしてまた、同日に
「宇宙に存在する光源はすべて解明されたことが分かった。」といったニュースも流れました。

同じ宇宙に関することが立て続けに話題になっていたので
私にはなんだか不思議に感じた1日でしたが、
天の川もスペースシャトルもけっして昨日でおしまいということではありません。
明日も100年後も、宇宙とどう向き合っていくのかは続きます。

自然との共生なんて言葉がありますが、
宇宙ともできれば涙を流さなくてもすむよいおつきあい、していきたいですよね。
 [リージェ]


posted by エコマネーセンター at 22:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。