2011年08月07日

おまつり

110807.jpg
「いつまで?」「今日で終わり」

こんな会話が何度もあった今日のEXPOエコマネーセンター(金山)
なんのことかといえば「金山夏祭りの環境クイズラリー」
みなさん楽しんでいただけましたでしょうか。

と、きて「楽しかったです」とスタッフに自ら声をかけてくれた人はほんのわずか(笑)。
「遠いわ〜」「わからん」「年寄りに階段はつらいて」「うちわ、くれ!」「明日もやって」
暑さとお祭りで気分がハイなのか、エコマネーのお客さまは正直者が多いのか、言いたい放題!
で、言う人ほど昨日と今日両方に参加しているから、こちらも笑えてきます。

さて、おまつりといえば今こんなことが起こってきている場所もあるとか。

地元店が減少し、チェーン店の増加で、飾り物がさびしくなってきた。
一方で稼ぎ時かと思われる周辺の飲食店やコンビニなども、トイレ目的で大混雑、
若者のお酒購入が拒否できないわ、お客さんが多すぎて万引き防止ができないわで、
閉店せざるを得ないお店まででる始末。
お客さんも、行ってみたものの露天商と人ごみしか印象にない。結局これなんのお祭りだった?

植樹祭に育樹祭、大学祭に区民まつり。春や秋の季節のまつりにエコマネーまつり・・・
ふりかえってみるとEXPOエコマネーが発行されてきたおまつりって、本来のお祭りにある
自然との関係・地域社会とのつながり・もてなしの心・手作りなどの要素が多いように思います。
今日も飛騨から会場に届いた雪(写真)に、「ありがたや〜」と思われた方も多い事でしょう。
とくに親の方(笑)

クイズの場所をお客さん同士で教えあったりされている姿を横目でみながら
みんなが主体的に参加するおまつりってやっぱり大事だなぁと感じた1日でした。
[リージェ]


posted by エコマネーセンター at 20:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。