2011年08月08日

今日は“立秋”

110808.jpg
“秋来ぬと 目にはさやかに見えねども
         風の音にぞ おどろかれぬる“

初めて“秋”の気配が現れてくる頃とされる、今日は“立秋”。

暦の上では、もう明日から“残暑”ということなんですね。
ここのところの暑さからは、実感がありませんが・・・
みなさん、“風”になにか違うものを感じますか?

千年以上昔の日本では、8月の初旬には、もう“風”に秋の気配を感じることが
できたんですね(ノ゚听)ノ

夏休み真っ只中、私たちの耳に飛び込んでくる、今を盛りとばかりの“蝉時雨”♪
そう、やっぱり“夏”はこうでなくっちゃ(*‘-’*) ネ!!

“蝉”の一生はみなさんもご存知のとおり、長〜い長〜い地下生活を経て、
幼虫は地上に這い上がり、さらに木の幹を登って“羽化”をし成虫となるんですよね♪

成虫としての期間は、一般的には1〜2週間といわれてますが・・・
何と言っても地下生活が長いので、昆虫の中でも“寿命”は長いほうのようです。

今日、出先で周りの木を見渡したら、そこかしこの木の枝に“抜け殻”を発見!
力いっぱい脱皮したんだろうなぁ・・・と想像しながら“写真”を撮ってきました(゚∇^*)

さぁ、みなさん明日からの“残暑”を元気で乗り切りましょうね!!!
[やまなか]


posted by エコマネーセンター at 17:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。