2011年10月01日

あいち環境絵本読み聞かせ

111001_1t.jpg

今日から衣替え。本格的に秋に近づき、空気が肌寒くなってきましたね☆
スポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋、読書の秋といろいろありますが、
皆さんはどんな秋をお過ごしですか♪

さて今日は、8月から始まっている「あいち環境絵本読み聞かせ」の取り組みを紹介します。

先日、田原市にある神戸保育園に絵本読み聞かせに行ってきました。
環境絵本読み聞かせには、園児のほかに祖父母も参加して総勢140人。
園児たちは、お祖父さんやお祖母さんの膝の上に座って、
読み手の人が環境絵本を読み始めると、皆熱心に聞き入っていました。

愛知県では、次世代を担う子どもたちに、愛知の環境の大切さを伝えることを
目的として「環境」をテーマとする絵本を題材とした環境学習を展開しています。

これは「絵本」によって子どもたちに環境の大切さや素晴らしさを伝えようと、
愛知万博の瀬戸愛知県館で開催された「あいち環境絵本」事業の理念を受け継ぎ、
平成19年度から実施しているものです。

本年度は「あいち環境絵本キャラバン」として愛知県内の幼・保育園など約120ヶ所を巡回し、
EXPOエコマネーを活用した植樹寄付を実施しております。

また読み聞かせに参加・植樹寄付をした児童によるキャラバンカー「Smart」
(協賛:メルセデス・ベンツ日本株式会社)への葉っぱシール貼りも行っています。

111001_2t.jpg

幼児から色々な本を読んであげることにより、
感情が芽生え感情の豊かな子どもに育つといわれています。

「あいち環境絵本読み聞かせ」を通じて、感情豊かな子どもに育って頂くための
機会に繋がればと良いなと思います♪

[トシ]


posted by エコマネーセンター at 17:19| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。