2012年03月17日

港の森づくり

120317.jpg
今日は名古屋市の主催で
名古屋港の金城ふ頭にあるモノづくり文化交流広場で行われた、
「港の森づくり モノづくり文化交流拠点植樹祭」に参加してきました。

天気は朝からあいにくの雨で
参加者の方が集まっていただけるか心配でしたが、
たくさんの方々が植樹祭に参加してくれました。

今日の植樹祭では200本のウバメガシが植えられました。
ウバメガシは樹形はごつごつしていて、
葉は先の方が丸く広く、下の方がすぼまった形で、
やや厚くて硬く、表面には照りがあります。
特徴としては落葉が少なく常緑で病気に強い木です。
また切り詰めに耐えることから、最近では、街路樹や生垣としても利用されています。

雨の影響で、地面がぬかるんでしまっていましたが、
お子さんたちの泥だらけになりながらたくさんの木を楽しそうに植えていた姿が
とても微笑ましかったです。

これから暖かくなるにつれて
今日のような外で行われるイベントも増えていくと思います。
みなさんと一緒に参加できることを楽しみにしております。
[とりい]


posted by エコマネーセンター at 20:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。