2012年03月31日

あいち環境絵本読み聞かせ

120331-2.jpg
3月も今日で最後、桜の開花宣言されたものの、まだ寒い日もありますが
いつになったら満開になることでしょう♪
暖かかったり寒くなったりする日もあるので、気温の変化で皆さんも
体調を崩さないようにしてくださいね。

さて今日は「平成23年あいち環境絵本入選作品読み聞かせ事業」の御報告を

愛知県では、平成19年度から手づくり絵本作品の募集と優秀作品の
読み聞かせ事業を行なっています。

愛・地球博の瀬戸愛知県館で開催されていた「あいち環境絵本」事業を
次世代を担う子どもたちに環境の大切さを伝えることを目的として、
私共エコデザイン市民社会フォーラムは、県より委託を受け、
メルセデスベンツ社協賛「スマート」の車で2月末まで
県内113箇所の幼稚園、保育所、児童館を回りました。

行く先々で、園児たちが素敵な笑顔で迎えてくれました。
その数、延べ10,858人の園児の皆さん。
「東海子どもの本ネットワーク」や「読み聞かせ隊」の方々が、
読み聞かせを始めると園児たちは、絵本に吸い込まれるように、
絵本の魅力に引き込まれていくのが印象的でした。

そして環境学習でのポイントが発行され、その一部を植樹に寄付いただき、
「スマート」の車に葉っぱのシールを1人1枚張ってもらいました。
「スマート」は最初、真っ黒な車でしたが、今では緑色の葉っぱで一杯になりました。
120301b.jpg

ちなみにこの事業で発行したエコマネーは、54,290ポイント、
植樹寄付は、32,574ポイントの成果が上がりました。

読み聞かせを聞いた園児の皆さんも喜んで、読み聞かせをして頂いた方々も喜んで、
園の人たちも喜んで、愛知県の人たちも喜んで、誰もが皆良かったねと言っていました。
そして私は、園児の皆さんから山盛りの元気を貰いました。
[トシ]


posted by エコマネーセンター at 23:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。