2012年06月01日

とよたエコフルタウン誕生

120601.jpg
本日から商品券と交換ができる商工会がふえた豊田市に、さらに新しい拠点が誕生しました。
その名も「とよたEcoful Town(とよたエコフルタウン)」

実は豊田市は2009年1月に、低炭素社会の実現に向けて先駆的な取組みを実施していく自治体として、国から東海地方で唯一の「環境モデル都市」として認定されました。

豊田市は、「環境モデル都市アクションプラン」を定め、先進環境技術を活かしたまちづくりを進める「交通」「産業」、森林の保全によるCO2の吸収量の最大化を目指す「森林」、これらの取組を先導的・集中的に取組を展開する「都心」、市民参画による普及促進を図る「民生」の5つの分野から積極的な取組が進められています。
さらに、「豊田市低炭素社会システム実証プロジェクト」を展開し、交通や家庭内のエネルギー利用の最適化など民官学の共働によるさまざまな取組を進められています。

「とよたエコフルタウン」は、こうした取り組みや最新の環境技術を市民や国内外へ発信し、市民のライフスタイルの転換へつなげることを目指して誕生しました。
豊田市の取組や低炭素社会が実現された将来像、スマートハウスで最新の環境技術を取り入れた暮らしを映像などにより楽しみながら知ることができます。
また、ITSを活かした将来の交通技術を実際に体験することもできるんです。これは、必見です。
ガイドツアーも行われていますので、利用いただくとより「通!」になれますよ。
詳しくはこちらをご覧下さい。

そして、ここは「とよたエコポイントセンター」にもなります。
来館して低炭素社会について学んでいただくと5ポイントをもらえますよ。
さらに、とよたおいでんバス「中心市街地玄関口バス」を利用(バスリーダーにタッチ)して、来館されるとさらに100ポイントがもらえるんです。

実際においでんバスに乗って、最先端の交通技術を体感してみてください。
なお、エコポイントの発行はパビリオン(上の写真)の受付で行っていますので、そちらへおこしください。
また、ここでは、とよたエコフルタウンのオリジナル商品を始めとした商品の交換もできますよ。

とよたEcoful Townの場所は豊田市元城町3丁目11番地
開館時間は9:00〜17:00で、休館日は月曜日(祝日は除く)、12月28日〜翌年1月4日
豊田市駅西口からとよたおいでんバス(中心市街地玄関口バス)にて約5分「とよたエコフルタウン」で下車 になります。ぜひ豊田市以外の方もご来場くださいね。
[リージェ]


posted by エコマネーセンター at 14:28| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。