2012年08月20日

信号の日

120820.jpg

今日、8月20日は「交通信号設置記念日」なのだそうです。

1931年のこの日、銀座の尾張町交差点や京橋交差点など
34ヶ所に日本初の3色灯の交通信号機が設置されたことに由来されているのだそうです。

最近の信号機はいろいろと環境に配慮する工夫がされているんです。

LED信号機はよく見かけるというよりもうほとんどがそうなのではないか
と思えるほど増えてきています。

電球式の信号からLED式の信号に変えるだけで
電気の使用量は減り、
寿命はグゥーンと伸びるのです!

経済的にも環境的にも優しいLED式の信号機ですが、
雪の多い地方では問題も起きているようです。

LED式の信号機は熱をあまり発しないので、
今までは電球の熱で溶けていた雪が解けなくなってしまったのだそうです。

そこで最近では、雪があまり積もらないようにするように薄いタイプや
解けるように熱を発するタイプの信号機も開発されています。

今後、信号機自体が発電できるように、太陽光パネルがついたものなんかも
あらゆる場所に登場してくる日も近いかもしれませんね(o^-')b
[とりい]


posted by エコマネーセンター at 18:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。