2013年01月02日

おせち料理のひみつ!

おせち1.jpg

みなさん“おせち料理”は食べましたか?
私は昨日家族とおいしくいただきました(^0^)

日本の伝統的な文化の一つである“おせち料理”は、正月に食べるお祝いの料理。
“おせち”を漢字で書くと“御節”、その字のごとく暦上の“節句”のことを指します。
季節の節目であり、伝統的な行事を行う “節句”。
ひなまつりや端午の節句もその一つになります。
そこで神様に供えたり、食べたりしたご馳走のことを『御節供』(おせちく)といい、
それが後に『おせち』と略され、江戸時代に節句の一番目にあたる正月の料理を表す
言葉として使われるようになったといいます。

おせち料理が重箱にはいっているのは、めでたいこと・福を重ねるという意味。
中身に日持ちするものが多いのは、「神様をお迎えした新年に台所を騒がせてはならない」
「火の神である荒神を怒らせないために、正月に火を使わない」という言い伝えがあるのは
もちろん、普段よく食事を作ってくれる女性に正月三が日は休んでもらおうという意味が
あるんです。

昔の人は良く考えたものですね!!知れば知るほど奥が深い・・・
日本の伝統的な文化、そこには先人が築いてきた歴史が刻まれ、生きることへの感謝、
自然や季節を楽しむ心、手にしたものを無駄なく活かす知恵と工夫が詰まっています。

便利な世界になったことで得たもの、失ったものは何でしょうか?
エコマネーセンターでの活動を通して、当たり前だけど忘れがちなことを今一度考え、
そのためにできることを進めていけたらいいなと思います。

ぜひ本年も皆様のますますのご協力を宜しくお願い致します。
[やまき]


posted by エコマネーセンター at 17:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。