2008年06月17日

キャンドルナイト

080617.jpg

こんにちは(^^♪ 
今週の土曜日は夏至の日です。
毎年夏至と冬至の日には『100万人のキャンドルナイト』というイベントが行われています。
この日は、各地で公共施設などの明かりが消えロウソクが燈るんです。
ろうそくの灯を眺めながらホッといきたいですね。

キャンドルナイトは電気と同様に二酸化炭素を排出しますが、
電気を使うよりも二酸化炭素の排出量は少ないそうです。
それにホッとすることによりリラックス効果もあるらしいです。

そこで、このロウソクの灯りを楽しみたい方、
名古屋市栄でもこのイベントが行われて
キャンドルが様々な形を作り闇夜を照らすそうですよ。

そんな淡いキャンドルの灯りを見ながら、
環境問題とは何だろうなんて考えてみませんか?
もしかしたら、環境に対しての捉え方が変わるかもしれないですよ。
自分が本当にやりたい環境活動、
新たに発見したエコを実践するきっかけにもなるかも。

ぼくは、ロウソクの灯を見ていると自分の世界に入って、
様々なことを考えてしまいます。
まるで自分と向き合って何かを見出すかのように。

皆さんもこの夏至の日はロウソクの灯をみて、
自分と向き合ってみてはどうでしょう。

でんきを消して スローな夜を

[たけうち]



posted by エコマネーセンター at 19:09| エコ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。