2008年08月18日

どこにいるのかな

080818.jpg

お盆をすぎ、朝晩の風が少し変わったなぁと感じるようになりました。
しかし、まだ残暑は厳しいとか・・体調管理に気をつけたいですね。

夏休みも後半になりましたが、こどもさんたちは、元気いっぱいに自然に触れていますか?

今日はEXPOエコマネーセンター(金山)に自然界から舞い込んだ小さな訪問者を
ご紹介いたします!

それは“鈴虫”です♪(“こおろぎ”かもしれないのですが・・・(;^_^A )
昨日あたりから、どこからともなく鳴き声が聞こえてくるようなりました。

どうしたんでしょう!
自然豊かな田畑の脇の草むらなどには多くいるんでしょうけれど、
どうやってエコマネセンター(金山)まで来たんでしょう?
ちょっと聞いてみたいですよね♪

“鈴虫”は110日の寿命とか。
そして最後の20日間に鳴くのだそうですよ。

遠くは平安時代に、貴族が”鈴虫”を「籠」に入れてその鳴き声を楽しんだなんて話も。
それから一千年以上たった今でもその鳴声に魅了されている人が多くいらっしゃることでしょう!

人は、その涼やかな鳴き声にそこはかとない心地よさを感じるんですね。

環境の変化に敏感な“鈴虫”や“こおろぎ”たちの「命」も守ることのできる自然環境を
維持していけるといいですね!

エコマネーセンター(金山)の涼やかな 鳴き声は“鈴虫”でしょうか、“こおろぎ”でしょうか?
ご来館の際、ご存知のかたがいらっしゃれば是非教えてください!!

鳴き声の持ち主の姿をいまだ発見できずに
スタッフの間では、どっちなのか、意見(?)が分かれていますので・・・・('-'*)
[やまなか]



posted by エコマネーセンター at 18:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。