2008年09月10日

EXPOエコマネーが進化します。

080910.jpg

突然ですが、この秋から冬にかけてEXPOエコマネーが大きく進化します。

まず「FeliCa(フェリカ)※1」というのをご存知ですか?

最近、財布からお金を取り出さずにケータイ電話でピっとレジ精算している人や、
切符を買わずに駅の改札口でIC乗車券をピッとかざして通っていく人が増えてきました。
これらは「FeliCa」という非接触ICカード技術方式を使用しています。

この他にも先日さかいりさんが日記で取り上げた「WAONカード※2」や今や学生証や社員証などにもと、全国規模で急速に普及するこのFeliCaですが、これを内蔵したものでも、EXPOエコマネーのポイントの加算・減算ができるようになります。

詳しくはコチラをご覧下さい。

今まで家族や友達が「愛・地球博入場券」を持っていなくてEXPOエコマネーを一緒に始められなかったということもあったかと思いますが、FeliCa内蔵のケータイ電話などで先にポイントを貯めておいて、あとから手に入れた「愛・地球博入場券」とひも付けをしていただくことができますし、このひもづけでケータイ電話の機種変更にも対応できます。

また、このFeliCaへの対応に合わせて、潟Zントラルファイナンスとの提携により、電子マネー(Edy※3)付きクレジットカード「EXPOエコマネー GREEN Card」も発行します。カード決済額の0.25パーセントがEXPOエコマネー事業に寄附され、エコ活動支援や植樹事業等に使用されます。もちろん、FeliCaを内蔵してあるGREEN CardでもEXPOエコマネーのポイントを貯めることができるようになります。

このGREEN Cardは、明日9月11日(木)〜14日(日)の環境イベント「メッセナゴヤ2008」の会場にて先行募集を開始。9月19日(金)から、EXPOエコマネーセンター等で「入会申込書」をお渡しするほか、9月末日頃からインターネットでの入会申込みも受付予定です。ちなみに2009年9月30日(火)までの入会者には「EXPOエコマネー&モリゾーキッコロ エコバッグ」プレゼントの特典付きです。

レジ袋が有料化していく中で「EXPOエコマネー事業」はなくなってしまうのではとご心配されている方もみえるようですが、むしろこれから拡大をしていく予定です。エコマークなどがついた環境配慮商品や地元産の野菜などの購入、レンタサイクルの利用、地域の清掃参加や環境学習、マイ箸やマイボトル、はかり売り利用で残飯削減などなど、お客さんからもこんなことがポイントになるといいねというお話しを山ほどいただいています。
これからもより多くのみなさんが環境活動に参加しやすい仕組みをつくっていきますので
「EXPOエコマネー」をご利用くださいね。

※1) 「FeliCa」は、ソニー株式会社の登録商標です。
※2) 「WAON」は、イオン株式会社の登録商標です。
※3) 「Edy」は、ビットワレット株式会社が運営・管理している電子マネーサービスです。


[リージェ]



posted by エコマネーセンター at 14:43| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。