2008年09月18日

ペットボトルのキャップB

080917.jpg

皆さんもご存知だと思いますが、 僕たちが所属する「名古屋学院大学大学祭クラブ」では
ペットボトルのキャップを集めて、ワクチンを送ろうという企画をやっています。

先日、回収当初から協力して下さっている方々が
EXPOエコマネーセンター(金山)に回収箱いっぱいになるほどのキャップをもってきてくれました。
なんとそれは天白区の小学生が学校で集めてくれたものとのこと。
しかも、キャップを数えるための係数箱もプレゼントしていただきました。
この方達以外にもたくさんのみなさんにご協力をいただきまして、
すでに当初の目標の8万個どころか12万個を突破することができています。
みなさん、ありがとうございます。

けれど、忘れないでほしいことがあります。

8月から9月の1ヶ月間で約6万個のキャップを集めることが出来ました。
この6万個という数字はとても大きな数字ですが、実際はそれ以上にこの何百、何千倍ものペットボトルが消費されているのではないでしょうか?
そう考えてしまうと、僕はとても小さい数字のように思えてなりません。
できればもっと多くの方に協力いただいて、
キャップが無駄に捨てられることを減らしたいと思います。

また僕たち名古屋学院大学大学祭クラブでは、去年から環境問題について取り組んでいます。
このエコキャップも取り組みの一つです。
僕たちはこの活動および11月1・2日に行われる大学祭を通して、MYはし・MYボトル
を持っていただくことも強くおすすめします。
一度しか使わないモノよりも、何度でも使うことのできるモノを・・・。

協力してくださっている方ありがとうございます。
これからもどしどしキャップを持ってきてください。
これからは、キャップを計数する度に、回収ボックスに現在の個数を提示していきます。
そして、この他にもよりよい環境活動を探し、みなさんと取り組んでいきたいです。
[たけうち]


posted by エコマネーセンター at 23:59| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。