2008年10月19日

七十二候ってなんだか風流

081019.jpg

みなさん、こんにちは!『なかやま』です♪
今日は以前に『ケロやま』さんが日記で紹介した【七十二候】(しちじゅうにこう)について
お話させてください!

【七十二候】とは季節を24で分割した【二十四節気】(にじゅうよんせっき・・・【夏至】や【冬至】
【立秋】【春分】などもその仲間。)をさらにそれぞれを約5日ずつの3分割したものです。

例を出すと今の時期は【二十四節気】は【寒露】(かんろ)。
【七十二候】は以下の通りです。

『初侯』・・・鴻雁来(こうがんきたる)[雁が飛来し始める ]
『次候』・・・菊花開(きくのはなひらく )[菊の花が咲く ]
『末候』・・・蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり )[きりぎりすが戸にあって鳴く ]

どうです風流でしょう!
「日本の侘び寂び(わびさび)とは、まさにこれでしょ!」といった趣きです。
以前にも言いましたが、こんなにも美しい表現であらわせられる日本の四季・環境を
残していくためにも、このEXPOエコマネーの活動を広げていきたいものです。

たびたび、ぼくは【二十四節気】や【七十二候】のことを日記でとりあげていますが・・・。
何故だろう?と頭を捻って考えてみたら、他にも【四天王】とか【七不思議】とか、【真田十勇士】とか
いう言葉が好きだなということに気づきました!

他にも【七福神】や【十二神将】・【十二星座】・【里見八犬伝】なんかが思いうかびます。
要するに、なんかカッコいい!んです!!(全然、要するにじゃないですね。)

そこで!ここに結成!!
「我ら!EXPOエコマネーセンター(金山)三銃士!!」
EXPOエコマネーの発展と持続可能な社会の実現を目指し、戦い続ける!!
[なかやま]



posted by エコマネーセンター at 20:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。