2008年11月07日

Re瀬ッ戸でモリコロの陶貨

081007.jpg

幻の陶貨」を知ってますか?
おととい豊田で行われたイベントでも交換数BEST5に入るほどの人気商品です!

陶貨とは、戦時中の金属不足を背景に貨幣をやきものを使って製作したものの、
流通する前に終戦を迎えたことで、まさに「幻の陶貨」になってしまった貨幣です。

そこでこの陶貨を、愛・地球博開催を機に
ごみの減量化、資源の確保と延命、エネルギー資源使用量の削減につながる
廃陶器の粉砕粉(50%)を原料にした新しいやきもの「Re瀬ッ戸」を使って、
エコマネーセンターの交換商品として復刻!
愛・地球博が終わって3年近くたった今でもまだまだ根強い人気の交換商品となっています。

このリサイクル陶磁器技術「Re瀬ッ戸」や瀬戸蔵エコマネーセンター
よりたくさんの人に知ってもらおうと、
なんと写真の「モリゾー・キッコロの陶貨」が11月22日(土)より40pts交換商品として
その瀬戸蔵エコマネーセンターに個数限定で登場しますよ♪

また2008年11月8日(土)から同年12月27日(土)までは
瀬戸蔵エコマネーセンター来場者に環境学習ということでエコマネー1ポイントを発行いたします。
地元瀬戸を拠点とする「おもてなしボランティア」さんにも手伝っていただきながらこれらをPRをしますので、
話を聞いたり、瀬戸蔵内のミュージアムで勉強もしながら「やきもの通」をめざしてみてはどうでしょう。
瀬戸のやきもの文化をもっともっと身近に感じられるいいチャンスです。

これからの瀬戸は紅葉も見所になりますし、ぜひおでかけくださいね。
[リージェ] 
                  


posted by エコマネーセンター at 20:56| お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。