2008年11月09日

お久しぶりです♪

081109☆.jpg

こんにちは☆
久しぶりに登場の【ちさと】です!
実は、1ヶ月ほど小学校に教育実習に行って勉強をしてきました(゚∇^*) ♪
そこで、実習明けの今日は、
小学校での環境への取り組みについて、感じたことをお話ししたいと思います。

私が小学生だった頃、給食にでる牛乳のビンのふたは、ビニールと紙の栓と、
一緒にしてゴミ袋に出していました。
それが、今では教室にビニール専用の箱と紙の栓専用の箱が用意してあり、
子どもたちが自分たちで分別するんです☆
子どもたちと一緒に久しぶりに給食を口にした私には、たいへんな驚きでしたw(゚o゚)w

また、実習先でお世話になった先生は、おかずやご飯をなるべく残さないようにと、
食缶を持って、子どもたちの間を周って配っていくんですよ♪
先生は、「調理所の方が一生懸命作ってくれたんだからね、残したら全部ゴミになって
環境にやさしくないよね?」と子どもたちに声かけをします!

他にも、ある子が水を出しっぱなしにしていると、
子ども同士で注意し合っていて、
環境に配慮することが当たり前のように子どもたちは過ごしていました。

正直、私はこんなにも小学校の現場で、徹底されているとは思っていませんでした。
エコへの意識は、教育の現場にも確実に広まっているのを実感しました☆彡
と同時に、小さな頃からこうしてエコを意識できるような働きをしていくことがいかに大切なのか、
これから先を担う子どもたちにあらためて見入ってしまいました!


ここからは私の個人的な話なんですが、
小学校で1ヶ月勉強してきて、これまでよりもさらに教師になりたい気持ちが強くなりました。
子どもって・・・すっごくかわいいんです♪
先生が熱意をもって子どもと接していれば、
子どもには絶対に伝わるということも、実習を通してわかりました!
私のつたない実践授業に子どもたちも一生懸命応えてくれたり・・・

今回の実習で学んだ事を活かして、これからもEXPOエコマネーセンター(金山)で
熱意をもってみなさんと接していきたいです(^◇^)/
これからもよろしくお願いいたします!!!!
[ちさと]
  


posted by エコマネーセンター at 18:08| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。