2009年07月13日

青森レポート

090713.jpg
おととい「なお」さんが香港へ旅行にという日記をとりあげていましたが
私も先週東北、主に青森に行ってきました。

青森といえば六ヶ所村の「原子力」が有名ですが、同じ地域にエネルギー施設は他にもあります。
国家石油備蓄基地もそうですが、特に48基の風力発電の風車群は圧巻でした。
せっかくなので原子力関連施設にも寄ってきたのですが
なぜかそこで、青森県民は日本一早寝早起きということを知りました。
「エコ」してますね〜。

写真の世界遺産「白神山地」にも寄り、
ビジターセンターが実際の保護区からかなり離れた場所にあったので、
開発をできるだけしないようにという思いもあったのかもと想像して帰ってきました。
また近くに「三内丸山遺跡」という縄文時代にすでに人が住んでいたという跡がありながら
かたや近くでこれだけの自然が残っているというのも、面白かったです。

他にも水資源のことや、ヒッチハイカーに会って車のシェアリングのこと。
どことはいいませんが、お土産コーナーで○○発祥「△△(その○○地方の名物の名前)」、
でも商品の裏をよく見るとブラジル産とあって「なんだかな〜」という思いをしたり
「今朝は2ヶ所で倒木のため通行止めに」という交通情報も
名古屋ではめったにないので新鮮で
いろいろなところで「環境」のことについて考える機会がありました。

ラムサール条約登録地の「仏沼」も見てきましたが、「環境」を意識をしていなければ、
だだっ広く緑が広がっているという風にしか見れなかったかもしれません。
みなさんも「環境」というフィルターをかけて見てみると、
いつも見ている田畑や山、同じビルだって違った感じに見えて自然の楽しみ方も変わってくるかも。
その地独特の地形環境やにおい、鳥の鳴き声など、行ってみてはじめてわかること、愛着をもつことがあると思うので、ぜひ夏休みはエアコンの効いた部屋でTVを見て過ごして終わりではなく、
あちこちに出かけてみてくださいね。

ちなみに今度「あべ」君が出身地湘南のことでレポートをしてくれるそうです!
[リージェ]


posted by エコマネーセンター at 21:14| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。