2009年07月19日

自慢のふるさと

090719-2.jpg
本日の「あべ」の日記は、愛知県から遠く離れた場所からお送りいたします!!
題名を見ていただければ、なんとなくわかる方もいると思います。

僕の地元、神奈川県の湘南から日記を掲載いたしました♪
少し早めのお盆休みを取り、久しぶりに帰ってきたのですが、やはり地元はいいものですね。

この時期の湘南の海には、各地から集まった海水浴客が多く、大変にぎわっております。
それと同時に、毎年のようにゴミ問題が話題となります。
ですが、海にきてみたら実際そうでもありませんでした!!
写真をご覧頂ければわかるようにキレイなものです。

ですが、僕が言っている「キレイ」というのは、あくまで“昔と比べて”と言う意味が含まれています。
写真ではわかりにくいですが、ゴミは少なくなっても水は濁っているんです。
特に江ノ島に近ければ近いほど、濁っています。

理由としては、地理的な要因と気候にあると言われますが、それだけではないと思います。
今日、僕が行った海水浴場(鵠沼海岸)の近くには河口があり、引地川という川につながっています。

高校生のときは、この引地川の近くにある学校に通っていたので、生活排水が流れてきて
泡立っている川を見ながら登校した事を思い出します。
もちろん、毎日泡立っていたわけではないですが、少なからずその生活排水が川だけでなく
海を汚していたはずです。

今では、色々な団体・企業の方が川掃除や海辺の掃除をし、キレイになるよう努力をしていますが、
川も海も一度汚してしまうと、そう簡単にもとの状態には戻らないというのがよくわかります。

子どものためにも、安心で安全な遊び場を残してあげられるように、
普段の生活ひとつひとつに注意していきたいですね。
[あべ]


posted by エコマネーセンター at 21:03| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。