2009年07月30日

アーツ&クラフツ展に行こう!

090730.jpg
夏休みと入力しようとしたら「なすやすみ」となって、ナスが急に食べたくなった[リージェ]です。

写真の少し年季のはいった木箱。

実はこれ、私が小学生の頃に夏休みの工作作品として
木工系の仕事をしている父親に教わりながら、ゴミ箱兼踏み台として手づくりし、
20年程たった今でも使っているものです。

今日これをとりあげたのは、EXPOエコマネーセンター(金山)で招待券が交換商品に
再登場
している愛知県美術館の「アーツ&クラフツ展」に、先日行ってきたから。

会場では、この木箱よりも何十年も前に職人さんたちによりつくられた作品が
いろいろと並んでいました。

例えば、ステンドグラスやピアノのデザインも面白かったですし、法衣に縫い付けられた
デザインはじっくり見ていてぜんぜん飽きませんでした。
エコマネーセンター(金山)にある「どんぐり〜ずの樹」ほどの大きさのタペストリーは
圧巻でしたよ。

家具なので、どういった経緯があってこのデザインになったのだろうとじっくり鑑賞するのには
普通の絵画よりも想像しやすく、楽しみやすかったですね。

デザイン運動「アーツ&クラフツ」を主導したウイリアム・モリスは
『役に立たないもの、美しいと思わない物を、家に置いてはならない』という言葉を
残しているようですが、逆に「家に置いてあるものは、美しく、かつ役立たせる」という発想で、
我が家の家具もあらためて見直してみようかなと思った矢先に、
この木箱のことを思い出し、我が父親のデザイン感など普段は考えもしないことなのに
時間をつかい考えてしまいました。

「アーツ&クラフツ展」は8月16日(日)まで開催されていますので、
みなさんもよかったら、招待券を200ptsで手に入れて、行ってみてくださいね。

せっかくなので、より楽しんでいただけるように、ここでひとつクイズを。
《会場の解説を読んでいくと途中に「田園」という言葉が出てきますが、
この展覧会の展示物とどういう関係があるでしょうか?》 
答えは会場で探してみてくださいね。
[リージェ]


posted by エコマネーセンター at 19:12| スタッフ日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。