2010年09月13日

里山 part1

100913.jpg
先日、大学の先生と一緒に里山を見に行きました。
勉強の一環として見に行ってきたんですが、
その前に、里山とは何かご存知ですか??

里山とは・・・
人が利用してきた森林をいいます。
そこで人々は食料用の木の実や山菜、 キノコを採ったり、
燃料や肥料用の薪や落ち葉を拾ったりと、生活するために使っていました。

しかし、人の生活が便利になっていくにつれてだんだんと山に入らなくなっていきました。
また、近年、山の近くに住んでいる人の高齢化や過疎化が原因で、
山を手入れする人がいなくなり、日本の各地で里山が荒れ始めているんです。

このような状況は、里山に依存してきた生き物のすみかを奪ったり、
奥山とムラ(人里)との境目が分からなくなってクマやイノシシ・サル・シカなど
人と一線を画して生活してきた動物の人里への出没を招き、
人的被害や農作物被害を引き起こしました。

そこで今回私は、昔のような里山に戻そうとしているグループに会いに、
また、実際の活動風景を見せてもらうために里山を見に行ってきたんです!!

里山に行ってきた感想は次回の私の日記で・・・お楽しみに☆
[やまもと]


posted by エコマネーセンター at 20:53| エコ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。