2010年09月22日

池鯉鮒!?

100922.jpg
池鯉鮒・・・いけこいふな・・・(;´-`).。oO
いえいえ( ´艸`)  この漢字は「ちりゅう」と読むのです!!

「池鯉鮒」は現在の「愛知県知立市」のこと。

大昔、ちりゅうは知立・智立などと書いていました。
江戸に幕府ができると、東海道は一番重要な道路とされ、五十三次の宿場ができて、知立は江戸から三十九番目の宿となりましたが、その際「池鯉鮒」と書くようになります。 近くにあった御手洗池が殺生禁断(生きものを殺してはいけない)の池で鯉、鮒が多かったのでこの字をあてたといわれています。この池の水で、知立神社のお祭りには体を清めたり、おみこしを洗いました。日照りが続くと雨ごいの神事も行われました。また、宿場の北側の広い田んぼの水にも使いました。

そんな、池鯉鮒の地で
【COP10知立市催事 知立山車文楽・からくりと和太鼓】が
10月10日(日)14:00〜16:30(開場13:30)に
パティオ池鯉鮒(知立市文化会館)かきつばたホールにて行われます!!

当日のイベントでは山車文楽・からくりの上演と、和太鼓の演奏を行います。 また、上演の前には、人形や和太鼓の製作にかかわる講師による講演もあります。

当日の入場料は無料ですが整理券が必要となります。詳しくはこちらをご覧ください!

そして、来場者の方にはEXPOエコマネーを5P発行し
そのうち3Pを植樹に寄付していただいた方に記念品をプレゼントいたします!!

山車やからくりの人形と和太鼓が生物多様性とどのような関係があるか
気になる方は是非迫力がある公演と一緒に楽しんでみてください(・´▽`・)ゞ 

[とりい]


posted by エコマネーセンター at 19:17| イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。