2011年01月26日

ダンボールで堆肥作り

110126.jpg
みなさんは「ダンボールコンポスト」ってご存知ですか?

コンポストとは堆肥のことで、
その名の通り、段ボールを使って堆肥をつくるものなのです!!

もともとは庭などに設置する生ごみ堆肥化容器では冬季に凍結してしまうため、
屋内で堆肥化するために北海道で発祥したといわれています。
このため庭のない集合住宅でも使用可能であり、
今では家庭ごみの減量化のため推進している
自治体も多くなってきているのだそうです。
ダンボールコンポストは、堆肥化に必要とされる保温性と余剰水分を壁面から
排出できる水分調整機能を持ち、優れています。

ってところまではなんとなくわかるけど、実際にやってみるとなると・・・(~ヘ~;)
とお困りの方にとってもおススメなのが!!

「ダンボールコンポストスターターキット」です。
ベランダで出来る「生ゴミの堆肥化」を初めて実践される方を対象に
・ダンボール(高さ約32×幅約33×奥行き約34)
・基材
・虫除けキャップ
・冊子(堆肥作りのススメ)
・温度計
の5点がセットになっています(^o^)/

初心者の方にでも分かりやすいように
冊子を見ながら堆肥作りを行うことができます!

EXPOエコマネーセンター(金山)で
2600ポイントで交換するか2600円で販売も行っていますので
ぜひ堆肥作りをして野菜やお花などを育ててみてはいかがでしょうか?(^o^)/
[とりい]


posted by エコマネーセンター at 23:40| エコ知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。